ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

戻る 上へ 進む

 これからというものは、仮谷知事に記念タオルへの揮毫をお願いしたり、交換用のバッチやペナント、学校や選手の紹介のパンフレットの作製、お土産の準備等、寒川校長、監督の松本先生、コーチの中尾先生等と、お互いに夫々の仕事の合間に打ち合わせて、目のまわるような忙しさ、監督がこんなことに時間が割かれていると、練習の方が進まない。しかしホッケーのこととなると、この地方でも松本先生をおいて他に詳しい人はいないとなると、当然松本先生に比重がかかってくる。しかし幸いなことに、私も松本先生とは四、五年前からすでにホッケーの国体出場について、ご相談を受けたことがあり、それ以来、気心の知れた仲であり、中尾先生もよく存じ上げていたので、お互いに気合をかけ合いながら準備をすすめた。
 遠征費の問題も頭の痛い問題であり、地域の多くの方々のご厚意や、学校の先生方、父兄会、卒業生の方々、数えきれない位多くの皆さんのお気持ちを頂いて出発への準備が進められて行きました。御坊駅頭壮行記念写真
 四月二日、僚友箕島高校を迎えて、壮行試合が行われた。ホッケーの試合を観るのは、私はこの時がはじめてで、松本監督の解説を聞きながら一試合、観戦させて頂いた。
 その後、結団式が寒川校長、塚原教頭、選手ならびにご父兄が参加して行われた。そして、いよいよ四月七日出発の朝がやって来ました。御坊商工ホッケー部韓国遠征の壮行会が同校体育館前で盛大に開かれました。玉置市長や地元の県会議員、県事務所長、市町村議会代表先生方、ご父兄、生徒の皆さん等多くのご関係の方々が早朝より集まって下さり、力強く激励して下さいました。
 出発に至るまで、大勢の皆さまにお世話になり、こんなに多くの郷土の方々に激励を頂いて選手たちはもとより、団員一同、心から感謝の気持ちを胸に車中の人となり、御坊駅を出発致しました。
 天王寺からバスで伊丹空港に向かい、空港で昼食をしたり、電話をかけたりしている間に出発の時間がやって来ました。
 空港まで送って下さった寒川校長先生と固い握手を交わして、しばしの別れを惜しみ、みんなでしっかり頑張って参りますと誓いを込めて、タラップに向かいました。
 はじめての海外遠征で選手達もいくらか緊張している様子でしたが、松本監督の下、きびきびした動作で若さがみなぎっている感じで、実にさわやかな遠征へのスタートとなりました。

戻る 上へ 進む

検索語   検索ガイド