ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

阪神大震災の現場から

日本の危機管理を問う

<本の画像をクリックするとPDF版があります>

もくじ

推薦の言葉

  二階さんは行動の人(政治評論家 森田実)
  天災は忘れた頃にやってくる
               (日本防災システム協会会長 玉置正和)

第1部 これでいいのか日本の危機管理

  1. 歴史の教訓は生かされているのか@阪神・淡路大震災直前の三陸はるか沖地震
    A中華航空機事故の経験
    B関東大震災と先人達
    C静岡県における地震対策と山本敬三郎知事の県議会答弁
  2. 阪神・淡路大震災の対応
    @大震災と「明日の内閣」の初動
    A災害復旧・復興の道
  3. 政府の対応は正しかったのか
    @政府の対応の遅れ
    Aリーダーシップと本部体制
    B災害対策予算と復旧・復興について
    C今後の政府及び連立与党の対応
     (1)初動対応の改善
     (2)国民の生命財産を守るための特別立法
     (3)防災問題懇談会と抜本改革
  4. 新進党の今後の災害対策
    @5−UP作戦
    A知事、市町村長へのアンケート
    B安全国家と首都機能の移転
    C今後の課題の地震保険
  5. 安全国家・安心社会を目指す宣言と
    「非常事態に対する日本の政治の責任を考える会」について
  6. 防災の心得
    @国民の自助・自立
    A耐震度のボトムアップ
    B原子力発電所等の耐震の総点検について
    C官邸の機能
    Dいなむらの火

第2部 第132回国会質疑録

  1. 衆議院会議録(平成7年1月20日)
  2. 衆議院本会議補足答弁(平成7年1月23日)
  3. 衆議院予算委員会議録(平成7年1月26日)
  4. 衆議院会議録(平成7年2月27日)
  5. 衆議院災害対策特別委員会議録(平成7年3月17日)
  6. 衆議院災害対策特別委員会議録(平成7年6月1日)

第3部 政府に対する「緊急申し入れ」

第4部 現地対策本部

第5部 新災害対策基本政策プロジェクト

第6部 「災害対策基本法」

第7部 報道記録集

附録  「どうなる国会移転」

  1. 大震災に備えての首都移転について

おわりに

 

その他

初版発行  1995年12月28日
第2版発行 1996年01月15日
著者    二階俊博
発行所   新政経研究会
発売元   プレジデント社
印刷製本  中和印刷紙器株式会社
編集    株式会社 和通
デザイン  株式会社 スキルアート・ジルクラフト
定 価   1800円(税込み)
 

検索語   検索ガイド