ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 


瀬島 龍三

 この度、二階運輸大臣の『観光立国宣言―躍動の観光産業を語る』が出版されますことを心からお喜びいたします。

 二階大臣は、これまで観光に大変精力的に取り組んでこられ、私はその卓越した指導力、熱意に常々感服させられています。

 私も観光政策審議会の会長として長い間観光に携わってきましたが、我が国の場合ややもすると、観光は「遊び」と考えがちです。しかしながら、世界の各国を見てみると、観光は二十一世紀の基幹産業となるのみならず、文化的、経済的、社会的な視点からもその果たす役割はますます大きくなるものと思います。

 二階大臣は、広域観光推進のために全国各地で開催してきました「観光立県推進会議」や地域の伝統芸能を活用して観光振興を図るため「地域伝統芸能全国フェスティバル」にも、国会や公務多忙の中でほとんど毎回ご出席され、観光振興方策等について大所高所からご助言頂き、大変感謝しています。

 国政に携わっている政治家の中でも、観光に対する識見、造詣の深さや観光産業発展のための洞察力、実行力、情熱において並ぶものはおそらくいないのではないかと確信しています。

 氏の観光に対する熱情あふれる思いの結晶とも言える『観光立国宣言』が、ひとりでも多くの皆様に理解され、二階大臣が我が国の観光の一層の発展にさらにご尽力を頂くことを期待しています。

(前観光政策審議会会長、
 広域連携観光振興会議(WAC)最高顧問、
 (財)地域伝統芸能活用センター会長)

 

上へ 進む

検索語   検索ガイド