ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 


堤 義明


 西暦二〇〇〇年を迎え、新しい世紀へのゲートイヤーという記念すべき年に、二階運輸大臣の対談集『観光立国宣言―躍動の観光産業を語る』が上梓されることは、誠に時宜を得たものと、友人の一人として心よりお祝い申し上げます。
 
 私も長年観光レジャー産業やホテル産業に携わって来ておりますが、観光産業が二十一世紀の日本においてますます重要な役割を果たしていくものと確信しております。
 
 先般二階運輸大臣の提唱に賛同して、我々産業界が中心となり、地方公共団体等のご協力も得て「観光版経団連」ともいうべき「観光産業振興フォーラム」が発足いたしました。 
大臣をはじめ多くの方々のご推挙を賜り、不肖私が座長を拝命させて頂いておりますが、当フォーラムの活動を通じましても、観光立国ニッポンの名に恥じない社会的貢献をして参りたいと決意を新たにしております。
 
 この対談集が観光関係の仕事に従事される方々のみならず、広く一般の方々にも読まれ、観光に対する理解が深まり、国際観光交流の進展や地域経済の活性化、雇用状況の改善等各般にわたり観光がその社会的使命をいかんなく発揮していくことを期待するとともに、観光に限りない情熱を注がれている二階大臣が我々観光業界の発展のために、今後ともなお一層のご尽力を賜ることをお願い申しあげます。

(観光政策審議会会長代理、観光産業振興フォーラム代表幹事)

 

戻る 上へ 進む

検索語   検索ガイド