ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

二階代議士の著書「心のバリアフリー」の出版を楽しみにしています。私の今は亡き母も9年間車椅子の生活でした。
 道路の段差や駅の階段など、随分、不便な思いを致しました。
 「交通バリアフリー法」が国会で可決されましたのをテレビで拝見し、過去に障害者を家族に持っていたものとして”遅きにあらず”と胸が熱くなりました。
 さすが実行力と行動力の二階先生でございます。
 星野富弘様の作品に、「二度と来ない今日というこの日、この1日を百日のように生きたい」という詩がございますが、これからは身体障害者や高齢者の方も「交通バリアフリー法」の成立により行動範囲が広がり健常者と楽しく生活できますよう念じています。有難うございました。

和歌山県御坊市 山本那智子

バリアフリーのご実績ファックスを読んで
『天に星 地に花 人に愛』 小生の好きな言葉の一つとして及ばずながら努力しています。 私達、二階前運輸大臣の経済閣僚誕生によって、バリアフリー法が可及的速やかに国会をとおり昨今には、首都圏でも道路や公共施設等において急速に進んでいます。 障害を持つ人々も、そうでない健常者もステーション等の安全化へ期待するところ大です。 そして、福祉で高名な北欧四国はもとより、自由の国アメリカへ追い付き追い越そうの文字通り、グローバル戦略には、この上もなく有難く感謝をいたしたいです。 それは、男性ヘレン・ケラーの感概に浸り,更なる情報開示で国民の浸透で心のバリアフリーに直結すべきことと考えます。 八代英太前郵政相の熱情迸る賛辞こそ、展望六感に訴えるからです。 
平成十二年七月二十九日 
(ザルツブルク モーツアルチウム財団 寄付者 サークル会員) 村田 治

検索語   検索ガイド