ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

バリアフリー法と観光町づくり


藤野公孝


 鉄道の駅や空港にエスカレーターやエレベーターの設置を促進し、高齢者や身体障害者等の交通弱者の方々がより容易に公共交通機関を利用できるようにしようとする所謂「交通バリアフリー法」の成立は、観光町づくりのあり方にも大きな波紋を投げかけている。
旅館やホテルの構造を見るとバブル期に豪華な新館建設ラッシュが続き、廊下や階段で新館と旧館をつなぐタコ足配線のような構造のものが増えた。又狭い敷地の急勾配の土地にも建設が進められ、足腰の弱った人々や車椅子の人には極めて利用しづらい。露天風呂ブームで浴場の増改築が進められたが、階段が多く滑り易くなっている。バブル期の団体慰安旅行が陰をひそめ、家族旅行や熟年者の小グループ旅行が急増する中で、階段や廊下、お風呂に手すりをつけたり、段差をなくすスロープの設置、更には車椅子用のエレベーターを設置する等本格的にバリアフリーに取り組むホテル・旅館が増えてきたことは喜ばしい。
 観光地全体の取り組みにも例えば高山市のように市長が先頭に立って車椅子利用マップを作り、ボランティア組織を整備する等積極的な対応を図っている町が増えてきている。
 心の安らぎを求めて出かける旅。駅員さんやボランティアの人々、通りすがりの町の人々のやさしい思いやりと手助け。旅館やホテルでの従業員の心からのもてなしの心。来て良かった、もう一度訪れたい町とはこんな町ではないでしょうか。二階大臣がいつも言っておられた「心のバリアフリー」こそ失われかけた日本人の心を取り戻す絶好のチャンスではないでしょうか。そしてそれは弱者のためではなく、実は自分自身の安らぎと幸福のために!!(運輸省総務審議官・前観光部長)

戻る 上へ 進む

 

検索語   検索ガイド