ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

 最近、『観光』という言葉が、各方面で囁かれるようになりました。
 「地域再生を『観光』でがんばろう!」また「景気浮揚も『観光』でやろう!」など様々な場面で、政府も民間の観光業界からも、その期待は大きくなっております。
 観光はその波及効果により、ややもすれば単なる「産業」としての経済的側面だけが強調されがちです。それも大切なことですから、否定をするつもりは全くありませんが、観光はさらに「平和へのパスポート」であり、平和な地域にのみ存在しうる産業であります。このことを、もっともっと広い視野で考えようではありませんか。
 観光は古くから「国の光を観る」と申します。他の国、他の地域を訪れる時には相手の国や地域の歴史、風土をある程度勉強し敬意をもって接するべきでありましょう。また他の国や地域から訪れた人には、誇りをもって、私たちの国や郷土の歴史、風土の素晴らしさをお見せすべきでしょう。
 観光交流を拡大していくことで、真の平和と繁栄がもたらされるものと私は信じます。
 特に国際的な観光交流においては「のこぎり」のように、互いに行ったり来たり、双方向で訪問し合うことが大切であります。
 高野・熊野の世界遺産登録により、観光客、特に外国のお客が急に増えて参りました。北海道の知床も間もなく登録が確実と伝えられております。
 しかし国際的な観光交流において、特に支障となるのは「言葉の壁」です。かねてより東京大学の坂村健教授の指導により、国土交通省が開発、推進している「自律移動支援プロジェクト」(国土交通省の「自律移動支援プロジェクトホームページ」http://www.jiritsu-project.jp)はユビキタス・コンピューテイング技術を用いてこの壁を取り除く画期的システムの開発の成功により、わが国で世界に先駆けて実用化されようとしています。街や景勝地などに貼られた極小チップと携帯端末との間で通信し、地域の様々な情報を英語・中国語・韓国語などで紹介することのできる新しいシステムです。観光の重要な柱である美しい国土、地域の歴史・文化、誇りに満ちた人々の生活様式を異国の旅人により正確に伝える道具となります。
 この情報がきっかけでさらに身ぶり、手ぶりでの直接のコミュニケーションも始まることでしょう。互いの「国の光」を理解し、信頼関係を深めることも期待されます。そして、日本発のこのシステムが世界中に普及すれば、私たちも海外旅行で逆にこの恩恵を受けることができます。
 この国境を超えた観光の情報にさらに、私たちの「親切」を添えて「自律移動支援プロジェクト」の活動により、すぐそこまで来ている来日観光客一〇〇〇万人時代に備え、着実に受入れの準備を急がなくてはなりません。このことは、やがて二〇三〇年には、来日観光客四〇〇〇万人時代を迎えるための先導的な重要な役割を果してくれることにもなります。またそのような心の準備や観光インフラの整備が観光立国へのさらなる躍動的なスタートにもつながるものです。そして地方の国際化へ、さらに過疎や過密の地域格差の是正にも大きな役割を果たしてくれるものと確信しています。
 関係者の皆様の努力のお陰で、観光立国もかなり進展してまいりました。しかし、まだまだ道半ばです。これからも観光振興に期待を寄せる多くの同士の皆様と力を併せて、私も微力を尽くして参りたいと思います。
 この度の出版に際し、身に余るご推薦のお言葉をお寄せいただきました武部自民党幹事長、政治評論家の森田実先生、成田国際空港鰍フ黒野社長、(社)日本ツーリズム産業団体連合会の舩山会長、日本観光戦略研究所の辻名誉会長をはじめ多くの皆様にお世話になりました。日頃のご指導ご交誼と共に厚く御礼を申し上げます。
 地元和歌山県の木村良樹知事には何かとご協力を頂き、その上ご推薦を頂き感謝しております。
 ありがとうございました。

   二〇〇五年三月二十七日
 

検索語   検索ガイド