ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

平成16年2月24日
県政与党6議員国政レポート「がんばってます」寄稿


 伝えておきたい夫々の「ふるさとの誇るいい話」が数多く存在することはご承知の通りです。そこで私は広く日本中から、今日まで語り継がれている物語を集めて、一つの本にまとめてはどうだろうかと総務省(旧自治省)の幹部と相談しました。早速、「伝えたいふるさとの一〇〇話」選定委員会が開かれ、総務省自治行政局自治政策課の編集協力によって、このほど財団法人地域活性化センターより「伝えたいふるさとの一〇〇話」と題して、二百九ページに及ぶ立派な本が出版されました。関係者のご努力に心から感謝と敬意を表する共に、こんなに早く上梓出来たことをうれしく思っています。早速、私は、これを韓国語や中国語に翻訳することを提案していますが、私自身も夫々の国の友人達に相談して、世界の子ども達にも、日本の文化や風土を理解してもらえるチャンスにしたいと考えております。
 先日、和歌山県とも串本町大島の関係で馴染みの深いトルコ国の国会議員が来日の際、トルコ国のソルマズ・ユナイドゥン駐日大使の招きで、大使公邸における歓迎会の席で、私はトルコ・日本友好議連の会長のメヴリュット・チャヴシュオールさんに、この本をトルコ語に訳してもらって、トルコの子ども達にも日本のことを勉強してもらってはどうかとお願いしました。チ会長はこのことをグッド・アイデアだと喜んで、是非実現をしたいと約束してくれました。
 「この本の中に、串本の話が書かれていますか」と尋ねられました。「今回の一〇〇話の中には入っていない」と答えますと大変残念がっていましたので、「追加して別冊として加えてはどうだろうか」と言いますと、「実は私もそう思っていました」とのことでした。一〇〇年以上も前の串本大島の皆さんが、トルコの軍艦の遭難の際の大島の人たちの人道的な救難活動の美談は、一世紀を超えて、トルコの人々の心に焼きついており、我が国とトルコを結ぶ大きな絆となって語り継がれており、「和歌山」の名も今に有名であります。
 さて、一〇〇話の中には、○東京都千代田区の「住民たちの働きで関東大震災から生き残った町」、○新潟県上越市の「日本のワインづりの先駆者」、○富山県砺波市の「戦時中も密かに守り育てたチューリップの原種で夢を咲かせる」、○石川県珠洲市の「茲しみの心を胸に能登の塩田を守り抜く」、○長野県木曾福島町の「日本民謡となった『木曾節』〜なかのりさん町長の情熱」、○静岡県浜松市の「音楽のまちの礎を築いた男」等々の一〇〇話が綴られています。
 私たちの和歌山県からは橋本市の「今なお生きる江戸時代の合理的な土木工法と農業経営」―の先駆者、大畑才蔵の物語。那賀町の「世界で初めて麻酔薬を使って乳がんの手術を成功させた江戸時代の医聖」―華岡青洲を描いたエピソード。さらに、広川町の「とっさの判断で村人を救った稲むらの火」―浜口梧陵(儀兵衛)の戦前の教科書にも掲載された物語は、近年、地震、津波の際のリーダーの危機管理の手本となっています。この際、本県でも、各市町村に立派な歴史文化が語り継がれており、これを県や市町村でまとめてみては、どうでしょうかと提案したい。ふるさとの民謡等も集めるのも興味深いと思います。

北海道( 江差町 ( えさしちょう ) 北の大地で町を結ぶ道を開いた男たち
北海道( 古平町 ( ふるびらちょう ) 出羽丸海難 ( でわまるかいなん ) 時の 美談 ( びだん ) を今に伝える「シコロの木」
青森県( 三沢市 ( みさわし ) 太平洋無着陸横断飛行 ( たいへいようむちゃくりくおうだんひこう ) を支えた村人たち
青森県( 深浦町 ( ふかうらまち ) あふれる情熱と若さで水産学校をよみがえらせる
岩手県( 花泉町 ( はないずみまち ) 命をかけて農民を救った 組頭 ( くみがしら ) と首切り 地蔵 ( じぞう )
岩手県( 住田町 ( すみたちょう ) 難所の道づくりに一人で ( いど ) んだ老人
宮城県( 白石市 ( しろいしし ) 農村救済のため一〇年かけて切通し工事に ( いど )
宮城県( 鹿島台町 ( かしまだいまち ) たび重なる水害から村を救った「わらじ村長」
秋田県( 昭和町 ( しょうわまち ) 貧しい村を救う道にかけた生涯
10 秋田県( 田沢湖町 ( たざわこまち ) 村にめぐみの水をもたらした 白浜疎水 ( しらはまそすい ) 開祖 ( かいそ )
11 山形県( 天童市 ( てんどうし ) アメリカ帰りの「はなかみ先生」
子どもの成長願い大 奮闘 ( ふんとう )
12 山形県( 東根市 ( ひがしねし ) さくらんぼの王様「 佐藤錦 ( さとうにしき ) 」の生みの親
13 山形県( 余目町 ( あまるめまち ) 良質な米のルーツとなった「 ( かめ ) ( )
14 福島県( 須賀川市 ( すかがわし ) ハンセン病患者の救済に一生をささげた女性医師
15 福島県( 猪苗代町 ( いなわしろまち ) 「世のため、人のため」につくした 偉人 ( いじん ) と母の愛
16 茨城県( 大宮町 ( おおみやまち ) 久慈川 ( くじがわ ) 一帯を 美田 ( びでん ) に変えた 茂衛門 ( もえもん ) 親子
17 茨城県( 霞ヶ浦町 ( かすみがうらまち ) 帆引 ( ほび ) ( あみ ) 漁法が 霞ヶ浦 ( かすみがうら ) 漁業に新たなページを開く
18 栃木県( 栃木市 ( とちぎし ) 慈悲 ( じひ ) の心を学んだボランティア活動の父
19 栃木県( 二宮町 ( にのみやまち ) 農村 復興 ( ふっこう ) にかけた生涯
20 栃木県( 壬生町 ( みぶまち ) 天然痘 ( てんねんとう ) から命を守れ
21 群馬県( 前橋市 ( まえばしし ) 天狗岩用水 ( てんぐいわようすい ) をつくり農民から 敬慕 ( けいぼ ) された 総社領主 ( そうじゃりょうしゅ )
22 群馬県( 倉渕村 ( くらぶちむら ) 鉄の国アメリカを見て近代化への道を開く
23 埼玉県(さいたま市) 江戸と結ぶ運河をつくった治水の 手腕 ( しゅわん )
24 埼玉県( 菖蒲町 ( しょうぶまち ) 質素を貫き育英事業を成功させた林学博士
25 千葉県( 佐原市 ( さわらし ) ( こん ) ( ねば ) りで初めて正確な日本の姿をとらえた日本人
26 千葉県( 佐倉市 ( さくらし ) 天の道に ( したが ) って近代医学の ( いしずえ ) を築いた 偉人 ( いじん )
27 東京都( 千代田区 ( ちよだく ) 住民たちの働きで 関東大震災 ( かんとうだいしんさい ) から生き残った町
28 東京都( 大田区 ( おおたく ) 財は郷土のために――今も生き続ける伊東夫妻の心
29 東京都( 青梅市 ( おうめし ) 将来を見すえ、一歩ずつ進めた武蔵野新田の開拓
30 神奈川県( 横浜市 ( よこはまし ) マリア・ルス号事件を見事に裁いた裁判長
31 神奈川県( 小田原市 ( おだわらし ) 人々を生活苦から救った 報徳 ( ほうとく ) の人
32 新潟県( 小千谷市 ( おぢやし ) 無償の愛で続けた救援活動
33 新潟県( 上越市 ( じょうえつし ) 日本のワインづくりの 先駆者 ( せんくしゃ )
34 富山県( 砺波市 ( となみし ) 戦時中も ( ひそ ) かに守り育てたチューリップの原種で夢を咲かせる
35 富山県( 小矢部市 ( おやべし ) 日本経済界発展の 一翼 ( いちよく ) ( にな )
郷土を愛し続けた実業家兄弟
36 石川県( 金沢市 ( かなざわし ) 少年時代の気持ちを忘れず社会福祉に全力を注ぐ
37 石川県( 珠洲市 ( すずし ) ( いつく ) しみの心を胸に 能登 ( のと ) 塩田 ( えんでん ) を守りぬく
38 石川県( 鶴来町 ( つるぎまち ) 長い苦しみから村の人々を解放した 七ヶ用水 ( しちかようすい ) の完成
39 福井県( 武生市 ( たけふし ) いわばねものがたり
40 福井県( 三国町 ( みくにちょう ) 三里浜 ( さんりばま ) 植林と一人の僧
41 山梨県( 塩山市 ( えんざんし ) 農民のための税制「 大小切 ( だいしょうぎり ) 」を守ろうとした男たち
42 山梨県( 山梨市 ( やまなしし ) 住民の支持と尊敬を集めた 甲斐 ( かい ) 名代官 ( めいだいかん )
43 長野県( 軽井沢町 ( かるいざわまち ) 日本の稲作地域を北に広げた 保温折衷苗代 ( ほおんせっちゅうなわしろ ) の開発
44 長野県( 木曽福島町 ( きそふくしままち ) 日本の 民謡 ( みんよう ) となった「 木曽節 ( きそぶし )
――なかのりさん町長の情熱
45 長野県( 信濃町 ( しなのまち ) 忘れえぬ人 カナダ人 宣教師 ( せんきょうし ) 、ストーン先生
46 岐阜県( 岐阜市 ( ぎふし ) 則武村 ( のりたけむら ) に誕生した火消しの「のノ字組」
47 岐阜県( 大垣市 ( おおがきし ) 輪中 ( わじゅう ) の村人を救った 鵜森伏越樋 ( うのもりふせこしひ )
48 静岡県( 浜松市 ( はままつし ) 音楽のまちの ( いしずえ ) を築いた男
49 静岡県( 佐久間町 ( さくまちょう ) 暴れ 天竜 ( てんりゅう ) ( たたか ) って洪水から村を守る
50 愛知県( 田原市 ( たはらし ) 住民の恐怖と 伝染 ( でんせん ) の危険を防ぐため
松林に踏みとどまった巡査夫妻
51 愛知県( 藤岡町 ( ふじおかちょう ) 年貢 ( ねんぐ ) 引き下げのため 一揆 ( いっき ) を指揮して
二十七歳で散った青年
52 三重県( 松阪市 ( まつさかし ) 一命を ( ) して 伊勢神宮 ( いせじんぐう ) 領の「 神域 ( しんいき ) 」に水路を引く
53 三重県( 鈴鹿市 ( すずかし ) 人一倍の思いやりで三回 ( ) けられた橋
54 滋賀県( 大津市 ( おおつし ) 「この子らを世の光に」 知的障害者福祉の父
55 滋賀県( 近江八幡市 ( おうみはちまんし ) まちを愛し、人に愛された
日本人 W・M・ヴォーリズ
56 京都府( 宇治市 ( うじし ) お坊さんがまたがった馬の足跡から始まった
宇治茶 ( うじちゃ ) の歴史
57 京都府( 峰山町 ( みねやまちょう ) 夢のお告げから「 丹後 ( たんご ) ちりめん」をつくり出す
58 大阪府( 守口市 ( もりぐちし ) 今も市民に親しまれている 弥治右衛門 ( やじえもん ) の物語
59 大阪府( 茨木市 ( いばらきし ) 提灯測量 ( ちょうちんそくりょう ) 」と「U字型水路」が高台に稲穂を実らす
60 兵庫県( 西脇市 ( にしわきし ) 播州縞 ( ばんしゅうじま ) 長機 ( ながはた ) の製作
61 兵庫県( 八千代町 ( やちよちょう ) 村人への思いが伝わる 機織 ( はたお ) りの 音色 ( ねいろ )
62 奈良県( 奈良市 ( ならし ) 一三〇〇年の時を経てよみがえった 朱雀門 ( すざくもん )
63 奈良県( 川上村 ( かわかみむら ) 吉野 ( よしの ) に生まれ、吉野美林を築き、吉野で生涯を過ごす
64 和歌山県( 橋本市 ( はしもとし ) 今なお生きる江戸時代の合理的な土木工法と農業経営
65 和歌山県( 那賀町 ( ながちょう ) 世界で初めて麻酔薬を使って
乳がんの手術を成功させた江戸時代の 医聖 ( いせい )
66 和歌山県( 広川町 ( ひろがわちょう ) とっさの判断で村人を救った ( いな ) むらの火
67 鳥取県( 鳥取市 ( とっとりし ) 育て、負けるな! 二十世紀梨にかけた情熱
68 鳥取県( 鳥取市 ( とっとりし ) 民衆生活のなかに美しさを見出し、再生した 民芸運動家 ( みんげいうんどうか )
69 島根県( 出雲市 ( いずもし ) とその周辺) 高瀬川 ( たかせがわ ) の優雅な流れに秘められた創意工夫
70 島根県( 東出雲町 ( ひがしいずもちょう ) 自転車で転んだときのひらめきから生まれた稲こぎ機
71 島根県( 隠岐島 ( おきとう ) 蒸気船 ( じょうきせん ) を島に… 夢を追い続けた信念
72 岡山県( 岡山市 ( おかやまし ) 親のない子どもに心を痛め、医学の道から児童福祉の道へ
73 岡山県( 落合町 ( おちあいちょう ) 民を救った代官、涙の 杉坂峠 ( すぎさかとうげ )
74 広島県( 宮島町 ( みやじまちょう ) 得意の彫刻を教えて 宮島細工 ( みやじまざいく ) ( いしずえ ) を築いた僧
75 広島県( 神辺町 ( かんなべちょう ) やさしく分かりやすい歌とともに学問を広めた 朱子 ( しゅし ) 学者
76 山口県( 小野田市 ( おのだし ) ) 日本近代化の基礎を築いた 徳利窯 ( とっくりがま ) のセメント
77 山口県( 美祢市 ( みねし ) バイクを ( ) って古代のロマンを追い続けた化石先生
78 徳島県( 鳴門市 ( なるとし ) 戦時下の空に響いた 鳴門 ( なると ) の「第九」
79 徳島県( 上板町 ( かみいたちょう ) ふるさとに甘い香りを呼び込んだ
阿波三盆糖 ( あわさんぼんとう ) の祖
80 香川県( 丸亀市 ( まるがめし ) シルビア号から届いた感謝状
81 香川県( ( ひがし ) かがわ市) 村人を思い一身をなげうった 庄屋 ( しょうや ) さん
82 愛媛県( 上浦町 ( かみうらちょう ) ( いも ) 地蔵」となった男と 薩摩芋 ( さつまいも ) の旅
83 愛媛県( 松前町 ( まさきちょう ) 穀物 ( こくもつ ) の種は命より大切」
――語り継がれる 義農 ( ぎのう ) の精神
84 高知県( 越知町 ( おちちょう ) 後世に伝えていきたい「 早起太鼓 ( はやおきだいこ ) 」の役割とその響き
85 福岡県( 久留米市 ( くるめし ) 工夫し続けた「東洋の発明王」からくり 儀右衛門 ( ぎえもん )
86 福岡県( 筑後市 ( ちくごし ) 一生をかけ農民救済のために続けた虫害研究
87 佐賀県( 肥前町 ( ひぜんちょう ) コレラに感染しながら 防疫 ( ぼうえき ) につくした警察官
88 佐賀県( 有田町 ( ありたまち ) 陶工 ( とうこう ) 教育に情熱を注ぎわが国初の工芸学校を開校
89 長崎県( 長崎市 ( ながさきし ) 心に響く「長崎の ( かね )
――命の限り 被爆 ( ひばく ) 者救護にあたる
90 長崎県( 時津町 ( とぎつちょう ) 乗客の命を救わなければ…
自らの体を投げ出してバスを止めた 車掌 ( しゃしょう )
91 熊本県( 本渡市 ( ほんどし ) 荒れた 天草 ( あまくさ ) を立て直し、民衆を救った代官
92 熊本県( 矢部町 ( やべまち ) 水を通す夢をかなえた 通潤橋 ( つうじゅんきょう )
93 大分県( 竹田市 ( たけたし ) 町の水で電気を起こす… 水力発電所をつくった人々
94 大分県( 挾間町 ( はさままち ) 村人への熱い思いで 不動岩 ( ふどういわ ) にも水を通した男
95 宮崎県( 野尻町 ( のじりちょう ) 開田事業 ( かいでんじぎょう ) を実現させた 着眼力 ( ちゃくがんりょく ) とフロンティア精神
96 宮崎県( 国富町 ( くにとみちょう ) 信念を貫き 本庄南用水路 ( ほんじょうみなみようすいろ ) をつくった人たち
97 鹿児島県( 枕崎市 ( まくらざきし ) 地元漁民を救いたい… かつお漁業にかけた医者
98 鹿児島県( 知名町 ( ちなちょう ) 海の道むんがたい
―― 遭難船 ( そうなんせん ) の乗組員と心温かな島民との触れ合い
99 沖縄県( 石川市 ( いしかわし ) ヌチヌスージサビラ
――命のお祝いをしましょう
100 沖縄県( 嘉手納町 ( かでなちょう ) わが国に 甘藷 ( かんしょ ) をもたらした「 芋大主 ( うむうふしゅ )

 

検索語   検索ガイド