ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

日韓の友情を実感

〜高校親善ホッケー大会に寄せて〜

2006.03.21掲載

衆議院議員・経済産業大臣  二階 俊博

 

日高町に多目的グランドがオープンされました。

県下初のホッケーグランドの建設を夢にみるホッケー愛好家の皆さんの長年の宿願と執念のようなものが結実して、去る三月十一日の杮落しが、関係者の協力で実現出来ました。今から、二十六年前、私は当時の御坊商工高校のホッケーチームを引率して、韓国のホッケー選手権大会に臨んだ記憶は今も鮮明に覚えています。当時は、今よりも日韓関係は複雑でありました。そんな時にも韓国のホッケー愛好家の皆さんは、私たちを快く迎えてくれて、確かに友情が芽生えたものでした。

 韓国高校ホッケー選手権大会に日本から一校が招待されることになっており、たまたま御坊商工が選ばれ、韓国大邸での大会に参加、その後、ソウルまで、親善試合を重ね、若い高校生達の友情を互いに確かめ合い素晴らしい思い出をつくることが出来ました。私はその頃、県会議員で高校時代の恩師の寒川次郎先生が校長をつとめておられた関係で、県会議員の私が、団長を引き受けることになって韓国訪問となりました。

 私は、高校チームに対して、日本の選手は「おはよう」「ありがとう」「すみません」「さようなら」程度の最低の韓国語をマスターして、韓国訪問しようと約束しました。練習が終わって、みんなで韓国語をマスターして大会に臨んだのです。立派なグランドのセンターポールに韓国の国旗と「日の丸」が掲揚され、如何にも国際試合という雰囲気。私も生徒に言っている以上、少しばかり韓国語を交えて開会式で挨拶をさせて頂きました。しかし入場行進を見ていると、一目で韓国高校生に一日の長があるのが印象的でありました。試合は一回戦で敗退しました。しかし私たちの申し出と韓国側の配慮で親善訪問、親善試合に胸を貸してくれました。ソウル龍山(ヨンサン)高校では、全校挙げての試合観戦で大変な盛り上がりとなりました。

 終了後、近所のレストランで焼肉パーティを開いてくれました。バナナとサイダーで生徒たちを迎えてくれた学校もありました。今回のホッケー大会に龍山高校、鶏林高校をゲストとしてお招きしました。

(2枚目と3枚めのつなぎ)

この大会が国境を越えて高校生達に青春の日の友情と思い出が芽生えたとすれば、これ以上の喜びはありません。私は今、県のホッケー協会の会長として、大会の責任者の立場でありながら、WTO閣僚会議に出席のため、大会に参加出来ず遠くロンドンの空の下から成功を祈るばかりでありました。在日の韓国人の皆さん、韓国のアシアナ航空、アサヒビールをはじめ、心から賛同して協力して頂いた多くの皆さんに感謝しています。ゴチャゴチャ言っている政治よりも国民と国民の友情の方が韓国ブームと共にはるかに進んでいることを実感する今日この頃です。


検索語   検索ガイド