ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

自民・公明・保守の与党3党による議員連盟「フリーゲージトレイン」推進議員連盟の設立総会が12月6日開催され、自民党の江藤隆美元運輸大臣が会長に、保守党幹事長で元運輸大臣の二階俊博代議士が幹事長に就任した。
フリーゲージトレインのスケッチ
フリーゲージトレインは二階代議士が運輸大臣在任当時から開発に全力を挙げてきたもので、車両自体の車軸が移動することにより新幹線の広いレール幅から在来線の狭いいレール幅にそのまま乗り入れられるという新技術。
この日の会議には、今後新幹線の建設を目指す地域の多くの国会議員の他、国土交通省から石川鉄道局長、鉄建公団の松尾総裁、JR各社の幹部が顔をそろえた。
フリーゲージトレインの導入については、二階代議士から小泉総理、塩川財務大臣にも直接そのシステムと有効性について説明しており、賛同を得ている。
平成13年度の第二次補正予算、14年度の当初予算で具体的な開発事業が示されることになっている。

二階事務所ホームページのフリーゲージ関連

平成13年10月から始まった国内走行試験区間

検索語   検索ガイド