ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

法律成立までの歩み

2002年5月17日(金)
和歌山県知事が与党3党幹事長に要請

2002年6月7日(金)
保守党が、「東南海・南海地震対策特別措置法案骨子」をまとめる!

2002年6月7日(金)
与党3党幹事長、政調会長会談に於いて東南海・南海地震対策特別措置法案を検討のためのプロジェクトチームの設置を決定

2002年6月13日(木)
「与党東南海・南海地震対策検討プロジェクト(座長 原田昇左右氏(自民、静岡県選出))発足

2002年6月18日(火)
保守党成長合同部会、法案要綱および法案を了承
これを受けて、二階幹事長記者会見


2002年6月19日(水)15時
与党3党、事務総長を通じ法案を衆議院に提出

東南海・南海地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法案

東南海・南海地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法案骨子


東南海・南海地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法案要綱


2002年6月23日
和歌山放送ラジオ「紀の国サロン」に出演し、特別措置法成立への決意を語る。

2002年6月25日
民主党への法案説明

民主党への法案の説明会(6月25日)

2002年7月5日(金)
東南海・南海地震対策緊急会議


 東南海・南海地震対策緊急会議が第2議員会館にて開催され、法案を委員長提案とし、来週中に衆議院通過を目指す方針を改めて確認致しました。会議にはプロジェクトチーム・法案提出者・衆院の災害対策特別委の委員、それに東南海・南海地震対策府県連絡会の各府県の代表が出席しました。保守党からは二階幹事長、西川副幹事長、泉参議院幹事長、鶴保広報委員長らが出席しました。なお、野党にも参加を呼びかけましたが、共産党の塩川哲也衆院災害特別委員が出席しました。

2002年7月16日(火)午前9時30分
衆議院災害対策特別委員会において全党の賛成を得て法案を承認

2002年7月16日(火)午後1時
衆議院本会議に緊急上程され、全会一致で衆議院を通過

二階保守党幹事長談
「6月19日に衆議院に提出され、一ヶ月の超スピードで可決されました。この間、本県選出の衆参の国会議員及び県知事を先頭とする県当局の皆さんのお力強い支援を頂きました事に心から感謝申し上げます。この上は、法律の趣旨に沿って防災対策に県民挙げて取り組むことが重要であります。
国民の生命と財産を守ることが最重要の政治的使命と考え、これからも危機管理に全力を尽くすことをお誓いしてご報告と致します。」

喜びのラビットネットワーク号外

2002年7月17日(水)午前10時
参議院災害対策特別委員会で可決

2002年7月19日(金)午前10時15分
参議院本会議に於いて全会一致で、法案成立

2002年8月5日(月)
東南海・南海地震対策特別措置法の制定記念☆
21南海地震に備えるシンポジウム

2003年7月25日
東南海・南海地震特措法施行にあたり

2003年7月31日
二階俊博保守新党幹事長緊急申し入れ
『東海・東南海・南海地震に対する耐震化対策等の実施について』

2004年11月3日
新風会有志による新潟中越地震ボランティア派遣の様子

 

 

二階代議士に聞く「東南海・南海地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法」Q&A

著書「日本の危機管理を問う」歴史の教訓は生かされているのか


著書:日本の危機管理を問う

 

 

検索語   検索ガイド