ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

2000年以前 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
動画ニュース

 

がんばってます

2003年

1月28日 有田市のウエノ公園・無縁寺の慰霊
3月25日 イラク戦争と我が国の支援
5月13日 中東諸国を訪問イラクへの支援研究で
7月 1日 与党三幹事長が訪中
8月12日 アジア観光の新しい波・香港会議と大賀蓮記念館海南島ボアオに建立
9月23日 特攻の基地 知覧を訪ねて

 

トピックス

2003/12/20 平成16年度予算編成で観光立国を目指すための新規の予算として「景観形成事業推進費」が200億円が計上されることとなりました。
二階代議士のコメントと共に概略を掲載いたします。 こちら
2003/12/4 二階俊博代議士等が発起人となり呼び掛けを行っていた自由民主党「地方自治を憂うる会」は12月4日12時より、党本部の会議室にて総会を開き、正式に発足し、二階代議士が会長に就任した。
同会は、「三位一体改革」の実現を目指し、地方税の充実、国の補助負担金の整理、地方交付税の見直しへの対応をする為、地方自治を憂うる国会議員14名が参加した。
和歌山県では二階代議士の他、谷本龍哉代議士及び石田真敏代議士も参加している。
当日の総会、全会一致で二階代議士を会長に選出するとともに、地方分権の理念にそった「三位一体の改革」の実現及び平成16年度地方財政対策に関する決議を満場一致で採択した。
2003/11/17 保守新党が、自由民主党に合流。

 

2003/10/12 人間「二階俊博」出版記念会を南部町で1500人のご出席のもと、開催しました。ありがとうございました。

2003/9/16 川辺町・道成寺の案内看板が、高速道路上に設置。

2003/8/30 保守新党躍進の集い IN 和歌山 講演録
2003/8/1 和歌山県は、保守新党の二階代議士、江崎洋一郎代議士の紹介により全国初の(株)ローソンと包括的な協定を締結しました。協定内容は、災害対策での協力、治安対策での協力、道路保全活動での協力、和歌山県産品の活用促進、世界遺産登録に向けたPR等についての協力などです。
2003/7/14

「世界の観光産業の回復とアジアにおける観光産業の再生と」
 新たなパラダイムにおける観光振興の国際協力会議(アジア観光活性化会議 香港)において、日本代表として演説をいたしました。 日本語版 英語版

2003/5/19 与党三党幹事長、北京を訪問し、胡錦濤国家主席と会談
2003/4/28-5/5 与党3幹事長、UAE、クウェート、イラク、カタールへ

2003/2/11

南部川村にて、梅の先覚者 故・内中源蔵翁の慰霊祭(梅まつり)

内中源蔵翁は村の経済を救うのは梅しかないと予見して、明治34年に扇山を開墾、梅の木を植えました。そのうえ、村内に工場を建設して生産加工を開始し、商品化に成功。この村の一・五次産業の創始となり、これを契機に村は発展していきました。その功徳を偲んで、南部梅林の入り口、小殿神社前に顕彰碑が建てられ、毎年2月11日を「梅の日」と制定し、梅まつりが行われています。

2003/2/8

はなだ健吉と青年の集いで応援演説

2003/2/8 有田市のウエノ公園・無縁寺を参拝

 二階代議士は8日午前、全国の無縁兵士3700人を祀る有田市ウエノ公園、無縁寺を参拝しました。頂上の無縁寺や供養塔、ふもとの故・則岡豊松・ウエノ夫妻(無縁寺の建立者)の祀る豊松堂を参拝。
 松本有田市長や舟津墓苑会会長、無縁講の関係者30人から、今日まで58年間の経緯を聞き、戦没兵士の氏名記録など資料に詳しく拝見させていただきました。
 二階代議士は、戦没兵士の氏名が記載されている霊名簿に一つ一つじっくりと目を通し、「韓国人の方もいる」と指摘。「何とか関西の千鳥ケ淵の問題を解決したい。一つ一つきちんとして参拝施設として立派に保存したい。努力する。」と語りました。
 関係者は、「暖かい配慮に痛く感謝している。(和歌山特報社2月11日付)

 

 

 

 

 

2003/2/1 那智勝浦町での新年の集い。報道の様子
2003/1/27  特定地域振興重要港湾活性化シンポジウムが、東京都内で開催され、二階代議士が特別講演をしました。また、新宮市の佐藤春陽市長が特定地域振興重要港湾活性化協議会の会長に就任しました。


特別講演をする二階保守新党幹事長


特定地域振興重要港湾活性化協議会の会長に就任佐藤春陽新宮市長

2003/1/26 新宮市、有田市で新年の集いを開催しました。写真は、新宮市で花束を頂いたときの写真です。新宮会場の報道内容有田会場の報道内容

2003/1/19 「多忙でも棄権しません」二階代議士も市議選へ清き一票(日高新報(1月20日付))

 この日の市議選で有権者の一人二階俊博代議士も十九日午後二時半ごろ、自宅近くの春日会場で清き一票を投じた。
 二階代議士は朝からNHKとテレビ朝日の二番組に生出演するなどのハードスケジュールをこなしたあと、東京から飛行機とヘリコプターを乗り継いで御坊へ到着。会場では「皆さんご苦労さんです」と一礼しながら投票を済ませ、「棄権防止を呼びかける私自身が投票するのは当然」と話していた。このあと、足早に会場を立ち去り再びヘリで串本町へ向かい、午後三時からの新年有志の集いに出席した。

2003/1/19 午後3時から本州最南端の串本町、7時から弁慶の街 田辺市で新年の集い。報道内容はこちら

ラビットネットワーク21(特別号、紀南病院関連)

2003/1/15 和歌山県土地改良新年号より「為せば成る」
2003/1/10 御坊市において、今年最初の新年の集い
2003/1/4  新年新風会事務所開きを行い、300人が集まった。
中川藤吉新風会会長あいさつに続き、柏木征夫御坊市長、松本泰造有田市長、久保井始印南町長、石原久男広川町長、中村裕一県議、冨安民浩県議らの祝辞に続き、二階保守新党幹事長が国政報告を行い、新風会議員連盟会長の松本亀吉御坊市議の音頭で乾杯した。

2003/1/1 念願の空飛ぶ救命室「ドクターヘリ」が和歌山県を中心とする紀伊半島南部地域で本日から運航スタート
 

検索語   検索ガイド