世耕弘成参議院議員(自民党公認)の推薦について

 保守党和歌山県総支部連合会と第19回参議院議員通常選挙和歌山県選挙区自由民主党公認候補 世耕弘成参議院議員との間で、第19回参議院議員通常選挙における選挙協力について協議の結果、和歌山県民の皆さまの生活の向上と地域の発展のため、特に左記の重要課題について、県民の皆様のご協力のもとに力を併せて実現に努めることで意見が一致しました。
 この調印には、念のため、両党の岸本自民党県連会長と二階保守党県連会長が立ち会いました。
 なお選挙協力を推進するため、森前自民党総裁、古賀前幹事長、塩川財務大臣のご尽力を頂いたことも申し添えます。

政策合意事項

交付税制度については、和歌山県のような財政基盤の脆弱な県の生活基盤の整備の充実や、IT化(情報技術の整備)等、新たな県民の要望に対応できるよう配慮すること
高速道路紀伊半島一周、京奈和自動車道等の府県間道路、及び整備の遅れている国道等、県民生活に重要な役割が期待される道路財源の確保に全力を尽くすこと
高野、熊野の世界遺産登録のため積極的に取り組むこと
情報通信基盤の整備の促進を図ること
南紀白浜空港の国内線、及び国際線の活用を図ること
農林水産業の振興、商店街の活性化、和歌山の地場産業の発展に努めること
梅の成育不良対策着実に実施し、「ウメ研究機関」の充実を図ること
ダイオキシン問題、廃棄物処理等、良好な環境を守るため努力すること
介護保険制度の充実に向けた検討を行うこと
救急医療体制の充実のため、ドクターヘリの設置等に全力を挙げること
和歌山県産品の積極的な販売、宣伝のため、大都市の消費地に、官民協力によるアンテナショップの進出、及びインターネットの活用等、「元気を出そう和歌山」を目指して積極的な対策に努めること
人権を守るための活動を積極的に展開すること

以上の政策を強力に実行するため、保守党は自由民主党の世耕候補のため、積極的に協力するものとする。

保守党和歌山県総支部連合会会長
衆議院議員 二階 俊博 コメント


 世耕参議院議員の来るべき参議院選において、保守党が推薦するに際し「政策合意」について協議を致しておりましたが、本日六月二十八日合意ができましたので、その内容を発表致します。
 この合意内容を実現するためにも全力を尽くして世耕候補の圧勝な勝利を期したい

平成十三年六月二十八日

検索語   検索ガイド