保守党幹事長  
衆議院議員  
二階 俊博

 こんなに早く中西先生が他界され、和歌山県にとっては勿論のこと、中央政界にとっても本当に残念なことであります。
 「しばらく療養に専念してみる」と言われておられましたが、年もまだ若いし、必ず復帰される日を期待していましたが、病魔には勝てなかったと思うと無念であります。
 今となっては、天国への旅、どうか安らかでありますよう心からお祈り申し上げます。