ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

文化と歴史、人と人を結ぶ

秋山喜久(社)関西経済連合会会長を団長、二階俊博保守党幹事長らが副団長の関西ウズベキスタン訪問団一行96名はウズベキスタンを訪問した。

衆議院議員
(社)全国旅行業協会 会長 二階 俊博

 シルクロードのほぼ中間に位置し、東西貿易の中継点として古くから栄えたウズベキスタンをいつか訪ねてみたいと考えていました。日本ウズベキスタン友好議員連盟の結成に同志と共に参加して六年、ようやくこの度そのチャンスが訪れました。
 国会議員連盟から泉信也、西川太一郎、峰崎直樹、佐藤雄平、榛葉賀津也の各議員にご参加頂くことになりました。
 ウズベキスタンの魅力について、先日も中山恭子前大使からその素晴らしさと何よりも親日の国であると聞かされております。戦争中ソ連の地で、不運にも捕われの身となった日本兵の墓地を丁寧に守ってくれている等知るにつけ余計にこの国が好きになりました。
 関経連の秋山会長さんを団長とする関空のエアポートプロモーションミッションは、関西空港の利用促進のキャンペーンのため企画されたもので、私は、かねて関空の積極的な活用のために、このことを提唱しておりましただけに、「友好増進」と「関空のさらなる飛躍」のために団にご参加の皆さまの一層のご協力をお願いします。

太田 房江 大阪府知事 

 このたび、皆様が訪問されるウズベキスタンは、かつて中央アジアの文化・経済の中心地として栄え、中国と西洋を結ぶシルクロードの中継地点でした。我が国には、シルクロードを通じて多くの文化がもたらされましたが、とりわけ大阪は、古く難波津の時代から大陸文化の受け入れ地として深い関わりを持ってきました。
 かつて海の港から入ってきた人・モノ・情報も、現代では空の港から入ってきます。我が国を代表する空の港、関西国際空港は、現在、世界の29か国・地域の67都市と結ばれており、ウズベキスタンのタシケントもその一つです。平成13年4月からは日本からの唯一の直行便が関西国際空港から就航し、交流が一段と深まっています。青も今も、ウズベキスタンに最も近いのは大阪・関西というのも何かのご緑かもしれません。
 今回の訪問で、皆様がこの絆を一層強められ、我が国とウズベキスタンとを結ぶ「架け橋」になっていただければ幸いです。

秋山 喜久 (社)関西経済連合会会長 

 ウズベキスタンは、シルクロードの中継地として繁栄し、「青の都」と謳われる古都サマルカンドをはじめ、魅力的な観光地が多数存在する歴史的にも関西と深いつながりを持った国であります。
 また、中央アジア諸国の中で最大の人口を有する同国は、近年、豊富な天然資源をいかして工業化を急ピッチで進めるなど、中央アジア経済の中心としての地位を高めつつあります。
 こうした観光や経済面での高いポテンシャルを持つウズベキスタンと積極的な交流活動を進めるため、首都タシケントと関西国際空港との間に直行便が週2便就航し、関西のみならず日本とウズベキスタンの関係強化のかけ橋ができました。
 今後、ウズベキスタンと日本の人々が、「空のシルクロード」を通って、大いに交流していただくことを期待します。

御巫 清泰 関西国際空港且ミ長 

 皆様のご支援、ご協力のもと1994年9月に開港しました関西国際空港(KIX)は、今年8周年を迎えます。現在、KIXはアジアの多くの都市と結ばれておりますが、日本でもここKIXとしか結ばれていない都市、「タシケント」への旅をウズベキスタン航空の直行便で皆様にご案内できますことを幸せに思います。
 1991年8月、旧ソ連邦から独立して建国されたウズベキスタンは、若者たちが国造りに励み、日本の明治維新に学ぼうと、日本熱が高まっていると聞きます。そんな新しい国ですが、そこはまさに世界文化遺産の宝庫。まだまだ私たちにとっては未知の土地ですが、一度足を踏み入れるとその魅力のとりこになると言われています。
 皆様がKIXから出発され、彼の地での歴史や文化に触れ、また人々との交流を通じて「現代のシルクロード」を築かれることを期待しております。KIXもさらに皆様にご利用いただきやすい空港を目指してまいります。

検索語   検索ガイド