ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

一語一絵

和歌山放送社長 中島耕治社長のちょっといい話より〜

2006年01月08日

和歌山放送情報懇談会

1.7.1.jpg
(和歌山放送情報懇談会の懇親会であいさつ
二階俊博経済産業大臣)

1.7.2.jpg
(討論会では今年こそ連携して和歌山を活性化しようという具体的な議論で盛り上がった)

1.7.3.jpg
(会場を埋めた参加者は最後まで二階大臣の講演と討論に熱心に耳を傾け、熱気に溢れていた)
1.7.4.jpg
(懇親会では、二階大臣やパネリストを囲み、交流の輪が広がった)

 二階俊博産業経済大臣をお迎えして第66回和歌山放送情報懇談会を7日ダイワロイネットホテルで開催しましたところ、新年早々しかも午前中小雪が舞い散る厳しい寒さの中にもかかわらず会員の皆様のほか県経済団体や大手企業のトップ、県内各市町村の首長さんら各界を代表する方々約250人が参加してくださいました。また二階大臣の「和歌山新時代への提言−今求められているもの」と題した基調講演はもちろん、大臣を囲んでのパネルディスカッション「どう描く・和歌山新時代」、さらにはパーティーまでほとんどの参加者が残って交流や懇親の輪が広がり、「今年こそ和歌山を元気にしたい」「県政財界が一致団結して盛り上げよう」という熱気に溢れ大盛会でした。超過密スケジュールの中、無理な注文に応じていただいた二階大臣やパネリストの皆さん、参加してくださった全ての皆さんに心から感謝申し上げます。

 パネリストは、二階大臣のほか木村良樹知事、大橋建一和歌山市長、小田章和歌山大学学長、和歌山商工会議所会頭の島正博・島精機製作所社長と私中島耕治和歌山放送社長の6人。コーディネーター役は、当社の中村栄三報道制作局長が勤めました。
 二階大臣は、昨年11月の第3次小泉政権で主要閣僚の経済産業大臣に就任されましたが、APEC,WTOなど海外を駆け巡っておられ超多忙。今回の日程も海外主張に向かう飛行機のタラップから携帯電話でOKの返事を頂くというような状況でした。またパネリストの皆さんも多忙なスケジュールを押して参加いただいたもので、綱渡りのような調整でようやく実現したものです。
 大臣就任後、本格的な和歌山での講演は初めてということもあり注目されましたが、全国的には景気が上向きになってきたもののまだまだ浮上せずに苦しんでいる中小企業と地方に重点を置き、具体的な達成目標を定めた「新経済成長戦略」を5月をめどに早急に策定していること▽和歌山大学に全国初の観光学部設置を平成19年度をめどに進めること▽備長炭や梅干しなど和歌山ブランドを海外に売り込むことーなど“特ダネ発言”がいっぱい詰まっていました。
 また、県庁職員を経済産業省に派遣して県と国の風通しをよくするアイディア、提言などもあり、現在地方行政の構造改革に取り組む木村知事、大橋市長、さらには大学改革を進める小田学長と和歌山浮上策について熱心な議論が交わされました。また、国内よりイタリアのフアッション界など海外のほうが有名な世界的な企業を創業した島社長は、「想像力で県の魅力を創造しよう」「こんな時代だからこそ愛と元気などの気を大切に」と重みのある発言で参加者の注目を集めました。
 懇談会の内容は、毎日新聞が8日付けの朝刊地域面で報道してくれていましたが、速報だけでではもったいない内容ということで、今回放送と新聞のコラボが実現しました。
 その詳細は今月29日(日)、毎日新聞は地域面の特集で、和歌山放送も同日正から午後2時までの2時間の特別番組で放送します。ご期待下さい。
 和歌山の活性化については、地元メディアとしての和歌山放送にも大いに責任があると私は考えています。放送界、中でもラジオ局は「放送と通信の融合時代」と大変な激変期を迎えていますが、和歌山放送では昨年来、ローカル放送局の原点である地域密着路線を徹底して、和歌山での出来事、催し、元気のある企業、人、話題にこだわって、生活応援放送局の役割を強めています。
 その一方でインターネットなど通信の飛躍的な進歩の時代に即応するため、「ラジオだけ」という放送局から脱却して、今回のように地元メディアならではの懇談会やタイムリーな文化事業、企画などを積極的に展開、インターネットを活用して音ともに写真や映像、番組ごとのブログなどで和歌山の良さを全国、世界ににも発信していく「地域の情報文化発信センター」を目指して改革を進めています。まだ道半ばですが、だいぶ元気が出てまいりました。
 私もこのパネルディスカッションに参加して大いに刺激を受けました。「和歌山の低迷、元気のなさは和歌山放送の責任」と、社員の意識改革を進めているところですが、幸い仕事好きの優秀な社員に恵まれています。創意(想像力と知恵は無限)をさらに磨きをかけ、誠意、熱意を持って、和歌山の「元気」を生産していきます。
 リスナーやスポンサーの皆さんのこれまでのご愛顧に感謝申し上げますと同時に、今後とも一層のご支援、ご鞭撻をお願いします。

日高新報 平成18年1月11日(水)付

県民も企業もやる気出せ!

二階大臣が景気回復へハッパ(和歌山放送新春シンポ)

 二階俊博経済産業大臣は、7日に和歌山市内で開かれた和歌山放送情報懇談会新春シンポジウムで「和歌山新時代への提言」をテーマに基調講演を行った。
 最初に「経済産業省としては魅力ある物づくりを進める企業に思い切ったバックアップをしていく。国全体で来年度は本年度の2倍の66億円の予算を投入する。これを活用して中小企業がもっと元気になってほしい」など産業界の一層の奮起に期待した。このほか、年末にASEANの昼食会で振る舞った梅干しが各国の閣僚から好評だったことを紹介しながら「農林産物、商工業品など何でもいいから、国内外に通用する『和歌山ブランド』を作るべき」などと提言した。
 和歌山大学に開設される観光学部については「本県の観光を全国で抜きん出てアピールしていくためには、学部設置で終わるのではなく、大学院の設置も進めるべき」との方向性も示した。
 最後に「県内には躍進する方法、要素がたくさんあるにもかかわらず、有効活用しきれていない。本県は気候が温暖でおいしい物もたくさんあるためか、県民や企業が少しのんびりし過ぎではないか。和歌山は頑張り次第でどんなにでも発展していく」とハッパをかけた。
 来場した産官学の関係者ら250人は熱心に聴き入り、今後の県内の景気回復を思い描いていた。

紀南新聞 平成18年1月11日(水)付

和歌山放送情報懇談会

活性化に向けた提言など

二階大臣や木村知事ら迎え

 和歌山放送主催の情報懇談会新春シンポジウムが7日、和歌山市内のホテルであった。二階俊博経済産業大臣(和歌山3区選出衆議院議員)や木村良樹和歌山県知事ら産官学を代表する6人によるパネルディスカッションがあり、和歌山県の現状を見るとともに、今後の活性化に向けてそれぞれが提言し、企業経営者ら約200人の来場者は熱心に聞いた。
 冒頭、二階大臣が「和歌山新時代への提言〜今求められているもの」を演題に基調講演。二階大臣は、「梅干を海外に向けて売るなど和歌山ブランドをもっとPRしなければならない。成長が低いとか、有効求人倍率が心配だとか言われるが、少しがんばれば飛躍できる要素は持っている」などと関係者の奮起を促した。
 「どう描く・和歌山新時代」を演題としたパネルディスカッションでは、パネリストに二階大臣、木村知事、和歌山市長の大橋健一氏、和歌山大学学長の小田章氏、島精機製作所社長の島正博氏、和歌山放送報道制作局長の中村栄三氏がコーディネーターを務めた。
 今後の和歌山について木村知事は、「地域間競争の時代を生き残っていくには発想の転換が必要。誰かがやってくれるという考え方ではだめ。将来の絵を描くきっかけの年にしたい」。
 大橋市長は、「役所の世界も変わらなければならない。これまで2人分の仕事を1人でやるとか。資質の向上に努めていく」と述べた。
 小田学長は、「観光学部の設置を県民あげて応援してくれている。これからは学内の我々が一生懸命にやり、地域の活性化に大学が少しでも貢献できるようにしたい」。
 島社長は、「気力、創造、愛という人間特有のものを使い、いかにして魅力を作り出していくかが大切」。
 中島社長は、「長年同じことをやればいいという気持ちがあったが、インターネット時代にこれでは生きていけない。知恵を出し合い、元気な人に我々が応援団になる。地域密着を徹底してがんばりたい」とそれぞれ決意を示した。


司会を務める宮上明子・アナウンサー(右)と三浦恒美・情報懇談会事務局長(左)


満員の参加者には熱心に最後まで参加していただきました


和歌山放送 中嶋耕治社長のご挨拶


宮上明子アナウンサーから花束の贈呈


「和歌山新時代への提言」をテーマに基調講演


県内有力者が勢ぞろいしたパネルディスカッション

 

検索語   検索ガイド