ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

10月22日(水)に二階経済産業大臣の出席のもと、全国の信用保証協会会長、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫、全国商工会連合会及び日本商工会議所の代表者等参集により、二階大臣から中小・小規模企業の資金繰り対策を実施するに当たり、信用保証協会を始めとする各機関における効果的な運用についての要請を行いました。

冒頭のご挨拶を掲載いたします

 本日は、全国からお集まり頂き、有難うございます。中小・小規模企業の資金繰りを円滑化することは、麻生内閣の最重要課題であり、政府を挙げて中小・小規模企業への支援に取り組んでおります。皆様には、日頃から、中小・小規模企業の発展に御尽力いただいており、心から御礼申し上げます。信用保証制度は全国の中小・小規模企業の資金繰りに欠かせないものであり、また、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫においては、新たな首脳の下、粘り強く、また温かく中小・小規模企業を支えていただいているものと感謝申し上げます。

(国会審議及び資金繰り対策への国民からの期待)

 国会における補正予算審議でも、お分かりのように、原油・原材料高、国際的な金融不安の中、中小・小規模企業を巡る経済状況は、大変厳しく、政府の資金繰り対策への期待は非常に高くなっております。

(対策の趣旨と現場実務の重要性)

 政府・与党を挙げた努力により、補正予算は先週16日に、異例の早さで成立しました。今後は、現場を担われている皆様方のお力によって、この予算をフル活用し、中小企業金融対策に魂を込めていただくことが不可欠です。本日は、こうした観点から、特に4点を申し上げます。

(補正予算を特に措置して別枠を設けた趣旨)

 第一に、今次補正予算の趣旨です。今回は、より不安を感じている中小・小規模企業の方々のために、4140億円の国費を投入し、セーフティネット金融を別枠で用意する、ということを、改めて十分に認識していただきたいということです。6兆円規模の緊急保証制度は、対象業種をこれまでの185業種から545業種に大幅に拡大し、2/3近くの中小・小規模企業をカバーするものです。
 セーフティネット貸付については、業種を問わず、全ての中小・小規模企業が利用できるよう償還期間の延長なども含め3兆円の融資規模を確保するものであります。
政府としては、こうした思い切った措置を講ずることによって、中小・小規模企業の資金繰りを支え、安心を与えなければなりません。各機関におかれては、この趣旨を踏まえ、中小・小規模企業にとって効果的な運用となるよう、現場の実務に徹底いただくことが重要です。

(年末の資金需要の高まりへの対応)

 第二に、資金需要が高まる時期を控え、中小・小規模企業の資金繰りに今回の対策を十二分に活用していただきたいと思います。セーフティネット貸付や緊急
保証制度について、システム整備など、制度導入に際しての準備に万全を期していただくのはもちろんですが、中小・小規模企業への積極的なPR、事前相談・説明会の開催など、様々に工夫を凝らした取組を早急に進めて下さい。

(借り手の立場に立った親身な対応の徹底)

第三に、借り手の立場に立った親身な対応を窓口に徹底して下さい。保証や融資の審査に際しては、形式的基準によるのではなく、中小・小規模企業の実態を踏まえた判断をお願いします。また、新規貸付だけではなく、既往債務の返済猶予などについても柔軟な対応をお願いします。さらに、今日、明日の資金繰りに奔走している中小・小規模企業の立場を踏まえ、審査の迅速化も重要です。

(地域金融機関との連携)

第四に、地域の金融機関と連携し、中小・小規模企業向けの資金供給が増えるような運用をお願いします。旧債振替の禁止はもちろんのこと、保証がいくら増えても、これまで保証無しで融資してきた分が減ってしまっては、結果として中小・小規模企業のためになりません。こういった点は、民間金融機関に対して、こちらからも趣旨を伝えますが、皆様におかれても、中小・小規模企業のためになる、という観点から、地域の民間金融機関とともに、しっかりと取り組んでいただくようお願いします。

(結び)

我が国の中小・小規模企業が、世界的な景気悪化の波に流されてしまうか、将来の日本経済のために踏ん張り抜くことができるかは、皆様のこれからの制度運用ぶりにかかっています。そして、国民からの皆様への期待には熱いものがあります。金融面からのサポートはもちろん、これまで培われた経営支援や財務アドバイスの知識・経験もフルに活用し、万全の構えで中小企業の経営支援に臨んでいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。
最後になりますが、先日、総理から新しい経済対策の策定につき指示がありました。国際的な金融不安が続く中、実体経済に及ぼす影響も考慮し、中小・小規模企業の資金繰りに万全を期すことが必要です。現在の対策の実施状況を踏まえながら、必要な場合には、迅速に追加対策を実施する考えです。引き続き、皆様の協力をよろしくお願いします。

検索語   検索ガイド