ホーム プロフィール 著書など ニュース ライブラリ 明日のふるさとを考える青年の会

 

 

JR特急「南紀」見直しについて

文中、投稿者の氏名は、勝手ながら「S」さんに置き換えさせていただきました。

拝啓
いつも公務ご苦労様です。撮影 西川 淳
私は太地町に住んでいる「S」といいます。この度のサンフラワーの件大変残念におもっております。
二階先生をはじめみなさんがご努力くださっており何とか存続してもらえたらと思っております。
しかしそうこうしているうちにどさくさにまぎれJR東海の運行しているワイドビュー南紀が一部新宮どまりとなり紀伊勝浦まで来なくなってしまいました。そしてなんと車両がワイドビューひだと交換されておりとっても古い車両になっていました。
編成も1両少ない3両編成となりグリーンは廃止。
私は仕事などでよく東京方面に行くのですが、これでは泣きっ面に蜂!
民営化、合理化にて紀南は切り捨てか!との思いがつのるばかりです。
道はといえば国道42号線1本で、台風などでライフラインもストップと頼りない限りです。
民間の企業の撤退が一気に加速している現在(もちろん皆さんのお力でサンフラワー、ワイドビュー南紀がもとに戻ることを期待していますが)せめて公共事業としてのライフライン・国道ならびに高速道路の早期充実を先生のお力でお願いしたい限りです。
お願いばかりになってしまいましたが東京方面とつながっているものには今春の出来
事は大事件です。
このままどんどん切り離されていったら本当に誰もいなくなってしまうのでは?と思うほど高齢化、過疎が進んでいます。
ちなみに私が小学生の時クラスメートは76人でした。
私の娘5歳の同学年は20人いないみたいです。
長くなってしまいましたが紀南の現状は深刻です。よろしくお願いいたします。

「南紀」の見直しに伴う太地町「S」様よりのご指摘について

 JR東海より聞き取り

1、            一部列車の新宮止まりについて
 紀勢線は新宮駅が当社(JR東海)とJR西日本の境界駅となっています。
 「南紀」は、上り始発列車及び下り最終列車が新宮〜紀伊勝浦間を普通列車として運転しておりましたが、名古屋方面との直通のお客様は極めて少ないことから、JR西日本より新宮発着に変更したい旨の強い要請があり、今回、接続列車の設定を条件に、当該列車を新宮始発・終着に変更致しました。
 直通のお客様には新宮駅でのお乗換えにご不便をおかけいたしますが、紀伊勝浦駅の発着時刻は以前と殆ど変わりなくご利用いただけるように致しております。

2、            グリーン車の削減及び使用車両について
 特急「南紀」をご利用されるお客様は、新車を投入いたしました平成4年をピークに年々減少傾向が続いており、平成11年度はピーク時の60%程度となっております。特に、グリーン車のご利用は1列車平均で数名と極めて少ないことから、今回の改正でグリーン車をはずした3両編成と致しました。
 なお、ご利用の多いゴールデンウイーク、夏休み・お盆期間等につきましては、これまでと同様、グリーン車を含めた増結を行い、必要な輸送力を確保いたします。
 また、今回の見直しに伴い、これまで特急「ひだ」に使用しておりました車両と共通に使用しておりますが、経年は2年程度の違いしかございません。また、順次カーペットの張替えを進めるなど、居住性の改善に努めております。

3、            臨時特急「南紀」の運転について
 従前より、沿線自治体などから度々増発のご要望を頂いておりますが、3月17日(土)より6月17日(日)までの3ヶ月の間、お客様のご利用動向を把握する観点から、臨時「南紀」1往復を毎日運転としておりますので、是非ご利用ください。
上り:「南紀82号」紀伊勝浦発14:06、津着16:48、名古屋着17:41
下り:「南紀81号」名古屋発16:50、津発17:44、紀伊勝浦着20:21

検索語   検索ガイド